OPEN 10:00~CLOSE 17:00

NCCA認定 ボディメイクインストラクター養成講座(BMI)申込フォーム

下記のお申し込みフォームより必要事項を入力の上お申し込みください、資格講座受付担当より追ってご連絡差し上げます。

内容を確認して送信ボタンを押してください。

▷ お名前/フリガナ
 
▷ 生年月日

 年  月  日

▷ 年 齢  歳
▷ ご住所

 - 
▷ 電話番号(携帯又はご自宅)
 -  - 

連絡が取れやすい時間帯をお選びください。

 時  分頃

▷ 書類送付先住所

上記住所に同じ

 - 

▷ E-mail(携帯又はパソコン)

▷ お申込み講座 講座名/ボディメイクインストラクター養成講座
受講料/265,000円(税別)
※資格登録に別途費用(登録料/5,000円・年会費/6,000円)が掛かります。
役務提供場所/
福岡校 福岡県春日市春日原北町4-20-2-2F東京校 東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山3F
申込講座で使用する教材について/
受け取り後、瑕疵あることが判明した場合については、無料でお取換え致します。
【お申込み規約】
契約成立後、本書面は経済産業省令で定めるところにより、
その申込みを承認する旨の書面となります。
【申込先】
会社名/NCCA事務局 株式会社NCCAヒューマンズ
所在地/福岡県春日市春日原北町4-20-2-2F
電話番号/092-588-6555
URL/http://ncca.jp/about_humans/
▷ お支払方法

お振込み一括払いPaypal払い

振込予定日 年  月  日

福岡校お振込先
福岡銀行 渡辺通支店 普通 2039151
口座名義 (株)NCCAヒューマンズ
ゆうちょ銀行 記号/17400 番号/15258121
口座名義 (株)NCCAヒューマンズ
東京校お振込先
みずほ銀行 青山支店 (普)2561571
口座名義 カ)SS PARTY
【現金振込の方】
お振込みの方は、各金融機関にて発行のお振込み控えが領収書となりますので保管してください。
【Paypalについて】
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/how-paypal-works

Paypalで登録可能なカードおよび銀行口座

  • cards1
  • cards2
  • cards3
  • cards4
  • cards5
  • cards6
  • cards7
  • cards8
  • cards9
  • cards10
  • cards11
▷ 備考欄
【お返事について】
  • お問い合わせが完了しますと、【受信確認メール】を自動送信いたします。もし、受信確認メールが届かない場合は次の項目をご覧ください。
  • 特定アドレス以外からのメールを受信拒否にしている場合→メールの受信確認をご確認の上、フォームより再度お問い合わせください。
  • ご入力のメールアドレスに誤りがあった場合→メールアドレスをご確認の上、フォームより再度お問い合わせください。
  • 「ウィルス対策ソフト」や「セキュリティソフト」をご利用の場合→迷惑メールフォルダや削除済み等にメールが届いていないかご確認ください。
  • 弊社からのお返事のメールは、お客さま個人宛てにお送りするものです。一部または全部を転載、二次利用することはご遠慮ください。

メール受信日がお申し込み日となります。

【クーリングオフのお知らせ】
訪問販売または電話勧誘販売で申込みされた場合、本書面を受領した日を含む8日間は、
書面により無条件に売買契約又は役務提供契約の申込撤回(当該契約が成立した場合は当該契約の解除)を行うこと(以下『クーリングオフ』といいます)ができます。
クーリングオフは書面で(書式は自由)本人の住所・氏名・電話番号・申込日・販売店名・販売店住所・販売店電話番号・商品名(役務名)・契約を解除する旨を伝わる様記入し、販売店宛に郵送して下さい。効力は書面を発信した時(郵便消印日付)から生じます。(簡易書留扱いが確実です)
この場合お申込者は損害賠償や違約金を請求されることもなく、その支払義務もありません。
既に引渡された商品の引き取り又は既に移転された権利の返還に要する費用の負担義務はなく、販売店が負担します。既に役務の提供を受け又は施設を利用した場合でも、その代金の支払義務はありません。既にその代金の一部を支払われている場合は、遅帯なく販売店よりその全額の返還を受けることができます。
上記以外でも契約解除できる場合として訪問販売と同様に、契約締結について勧誘する際に解除を妨げるため不実のことを告げる場合、相手方を威迫困惑させて契約する場合、契約に関わる重要事項を告げない場合、
契約書面に虚偽の記載がある場合、その他省令で定める行為を行った場合があります。
また、クーリングオフ期間が過ぎていても、次の場合には引き続きクーリングオフができます。
①販売業者等からクーリングオフについて事実と異なることを告げられ、それが事実であると誤認した場合
②販売業者等からクーリングオフを妨害するために威迫され困惑した場合
但し販売事業者等から改めてクーリングオフが出来る旨を記載した書面の交付を受け、説明を受けたときは、
その日から8日を経過したときはクーリングオフできなくなります。

個人情報取扱に関するお知らせ

上記の入力内容を確認して「確認画面へ」ボタンを押してください。